前回のアデノウイルス感染症で出席停止のお話をしました。

最近は感染対策が以前よりもしっかりしてきている印象ですね。

各保育園や幼稚園で独自の出席停止の期間があったり、登園登校前に治癒証明書が必要だったりします。

感染対策がしっかりしていて嬉しい反面、ママやパパにとっていろいろと大変なこともありますね。

 

今回はどの病気だと出席停止になるのか、そもそも出席停止ってなんなの?、誰が決めてるの?、などについてお伝えしていきたいと思います。

 

出席停止とは?

子どもたちが集団生活を行っている保育園、幼稚園、学校はインフルエンザや新型コロナ感染症のように感染症が発生すると、学校で広がるばかりでなく、兄弟、家族を通じて地域にまで流行が広がる可能性があります。

出席停止とは学校や地域での流行を少しでも防ごうと、感染症予防と流行防止を目的として運用されています。学校において感染症を予防するという目的以外で出席停止の適用となることはありません。

 

出席停止の基準は誰が決めているの?

学校保健安全法という法令で定められています。以下に法令で定められている疾患をご紹介します。

 

出席停止の対象となる感染症と基準 
出席停止となる疾患はたくさんありますが、中でも身近なものを取り上げます。

 

・インフルエンザ:発症後5日、かつ、解熱後2日、幼児は3日が経過するまで

 

・水痘(みずぼうそう):すべての発疹がかさぶたになるまで

 

・咽頭結膜炎(プール熱):主要症状が消失した後2日を経過するまで

 

・流行性耳下腺炎(おたふくかぜ):腫れが出現した後5日を経過し、かつ全身状態が良好となるまで

 

・麻疹(はしか):解熱した後3日をすぎるまで

 

・風疹:発疹が消失するまで

 

・百日咳:特有の咳が消失するまで、または5日間の適性な抗菌薬療法による治療が終了するまで

 

・手足口病/ヘルパンギーナ:発熱や咽頭の水疱を伴う急性期は出席停止、全身状態が改善すれば登校可

 

・伝染性紅斑(リンゴ病):発疹のみで全身状態が良ければ登校可

 

・感染性胃腸炎:下痢と嘔吐の症状が治まり、全身状態がよければ登校可

 

・溶連菌感染症:適性な抗生剤治療開始後24時間を経過して、全身状態がよければ登校可

 

・マイコプラズマ肺炎:急性期は出席停止、全身状態がよければ登校可

 

出席可能な感染症

以下の病気はよく勘違いされているものです。注意しなければならないことはありますが出席可能です。

・伝染性軟属腫(水いぼ):たくさん発疹がある人はプールでのビート版の共用は避ける

・伝染性膿痂疹(とびひ):プールや入浴は避ける

・アタマジラミ:タオル、櫛、ブラシの共用は避ける

 

治癒証明について

治癒証明書はふつうの風邪には必要ないですが、インフルエンザ、水痘、流行性耳下腺炎などの病気には必要です(その他自治体や保育園、幼稚園によっても変わります)。治癒証明書は健康に集団生活を送っている子どもたちを守るためのシステムです。当院でも発行していますのでご相談ください(消費税込み550円)。

なお、指定の書式のあるものは名前を記入後にご持参いただけるとそちらに記載させていただきます。こちらも同様の料金です。

症状が改善して普段の生活が送れる状態になれば来院してくださいね。

診察でも問題ない、かつ出席停止期間が守られていれば治癒証明証の発行を行います。

 

出席停止の病気をまとめてみました。

稀な感染症については今回は触れていないのでご注意くださいね。

当院でも治癒証明証の発行を行っています。出席停止に該当するような病気の可能性のある方は感染外来のご予約をお願いします。

自分が元気なときには守ってもらえるよう、自分が病気の時は感染させないように過ごせたらいいですね。

NES駒沢クリニック 医師 吉武光太郎監修