夜尿症とは

 子供の夜尿症で、悩まれていませんか? 読み方は「やにょうしょう」です。夜尿症は「恥ずかしいこと」「隠しておきたいこと」と考えられがちで、どこへ相談したら良いのかも分からず、抱え込んだままお子様のみならず、ご家族全体の生活における大きな悩みの種になってしまうことが多いです。夜尿症はお子様の気持ちの問題ではなく、体の病気です。適切に診断・治療を行うことで夜尿の頻度を減らすことや、完全に治せる可能性もあります。

世田谷区駒沢大学駅徒歩1分のNES駒沢クリニック小児科では子供の夜尿症の治療を行っています。

 

夜尿症の有病率は5歳で15%、6歳で13%、7歳で10%といわれています。適切な治療を行えば2〜3倍治癒率が上がり、夜尿症で悩まされる期間も短縮できることがわかっています。

 

また、両親のいずれかに夜尿症の既往があるとお子様が夜尿症を有している確率は高くなります。

 

夜尿症は日本夜尿症学会が発行している夜尿症診療ガイドラインで下記のように定義されています。

 

【夜尿症の定義】

・5歳以上のこどもの就寝中の間欠的な尿失禁

・昼間の尿失禁や、他の下部尿路症状の合併の有無は問わない

・1ヶ月に1回以上の夜尿が3ヶ月以上続く

・1週間に4日以上の夜尿を頻回、3日以下の夜尿を非頻回とする

(引用:夜尿症診療ガイドライン2021

 

※5歳未満は夜尿症ではなく「おねしょ」になります。成長過程での自然現象なので治療は行わず、経過観察し、5歳以上でも症状の改善がない場合には治療対象となります。

 

成長と共に膀胱容量が大きくなってくるため、自然に治ることもあります。治療は夜尿に関しては、小学生になっても続く場合に考慮しても宜しいかと思います。

 

 

夜尿症の原因

夜尿症の主な原因は以下の3つがあります

①夜間多尿 (夜間に尿を作りすぎてしまう)

②排尿筋過活動 (膀胱内の尿量が少ない状態で排尿してしまう)

③覚醒閾値の上昇 (膀胱に尿が充満しても起きられない)

この3つの原因のうち睡眠の状態から起きる能力に問題がなければおねしょ(夜尿)は避けることができます。この他に夜尿を起こす病気が隠れていたり、便秘であったり、発達の遅れや遺伝要因も原因として報告されています。

 

夜尿症の検査

尿検査

初診時に行います。

 

血液検査(必要時のみ)

夜尿のみの場合、初診から血液検査をすることはございません。夜尿以外の症状がある際に血液検査を行う場合がございます。

 

その他画像検査(当院では行っておりません)

超音波検査やレントゲンや造影検査などがあります。初診からやることはありません。重篤な便秘や昼間尿失禁や腎臓や尿路または下肢の神経に先天性異常がある方は検査のできる病院を紹介させていただく場合がございます。

 

夜尿症の治療の仕方

生活指導

夜尿症の原因になる習慣や病気が隠れていないか確認をしてから行います。

治療の原則は規則正しい生活習慣です。夕食と寝る時間が近い場合、夕食時に摂取した水分を排尿せずに寝ている場合があります。また、夕食後に水分を摂る必要がある場合は少量にとどめておく、寝る前の水分摂取は少量にとどめる、カフェインの入っているお茶をやめるなどの工夫が大切になります。

生活リズムを整えた上で改善しない場合は相談の上、アラーム療法や薬物療法を行います。

 

アラーム療法

寝ているときに尿が出るとセンサーが作動し、音や振動などのアラームを発して本人を起こしおしっこを堪えることによって、徐々に膀胱の中におしっこを溜められるようになり夜尿しないようにする治療です。夜間の夜尿が少ないと効果が出にくいこともあります。音や振動がなるため同居しているお家の方が起きてしまいうるさくて続けられないこともあります。

週に3回以上おねしょ(夜尿)があり、かつ、お子様ご本人とご家族のモチベーションが高い場合に有効性が高いです。薬物療法と違い、効果に即効性はありませんが、2ヶ月ぐらいやると効果を感じられることが多いです。

夕食時間から寝る時間まである程度のまとまった時間を取れない場合、薬物療法よりアラーム療法が選択されます。アラーム療法が有効の場合は再発が少ないです。

 

夜尿症のアラーム療法のやり方

1.アラーム療法に使う機械を手に入れます

インターネットで購入するか、NES駒沢クリニック小児科のレンタルをご使用ください。

2.センサーをパンツに外側から取り付けます

センサーをパンツの上から取り付け、コードをパジャマの中に通して本体と取り付けて寝ます。

3.アラームがなったらアラームを止めて尿意を堪えます

本体からセンサーを抜いたり、アラームオフボタンを押してください。

 

 

薬物療法

主に抗利尿ホルモン薬(デスモプレッシン)や抗コリン薬などの飲み薬で治療を行います。ファーストチョイスはデスモプレッシンです。デスモプレッシンは、内服薬と点鼻薬がありますが、副作用が少ない内服から開始します。副作用として水中毒があるので、それを抑制するために夕方から夜間にかけて水分摂取の制限が大切になります。

夜間に水分摂取をしてしまったり、熱があったり、胃腸炎がある際はデスモプレッシンを飲まないように注意しましょう。有効の場合は即効性があります。効果があり、お薬をやめていくときは、少しずつお薬を服用する量を減らすほうが夜尿症を再発しづらかったという論文の報告があります。

 

アラーム療法と薬物療法

アラーム療法と薬剤を併用して治療を行う場合もございます。

 

夜尿症と発達障害の関連について

 

ADHD(注意欠如・多動症)は、不注意(集中力がない)、多動性(じっとしていられない)、衝動性(考えずに行動してしまう)の3つの症状がみられる発達障害のことです

ADHDがある人の10〜15%の人に夜尿症との合併があるとされています

中枢神経の発達が未熟な上、夜間の水分制限や排泄習慣を守りにくい、下着が濡れている感覚が鈍いなどのことから夜尿症が治りにくいことも指摘されています

 

夜尿症についてよくある質問

以下に、夜尿症に関するよくある質問とその答えをまとめました。

Q 夜尿症とおねしょの違いはなんですか?

おねしょは5歳未満のこどもが寝ている間に尿もれを起こすことを意味します。通常、からだの成長とともになくなるもので、病的な意義はなく、経過観察します。夜尿症は5歳以上で月に1回以上、夜寝ている間に尿もれがあり、かつそれが3ヶ月以上続く場合には夜尿症として治療が必要です。

Q 夜尿症は子育ての仕方が悪かったせいですか?

お子様ご本人の責任でも、ご両親の育児の問題でもありません。からだの病気のひとつです。お悩みの際には一度当院でご相談ください。

Q 夜尿症が気になったときの受診のタイミングは?

5歳以上の小学校入学前が一つの目安になります。宿泊行事がある際は6ヶ月以上前からの受診をお勧めしています。

Q 受診時に持参した方がいいものは?

受診時点での夜尿の頻度や程度が把握できる日誌やメモの持参をお願いします。ご持参がある場合もない場合も、受診時に医師から詳細に問診を行います。

Q 夜尿症のこどもは頭が悪くなるというのは本当?

事実ではありません。夜尿症が知的発達に悪影響を及ぼすという報告はありません。しかし、夜尿症の改善でこどもの自尊心が回復するという研究もあり、早い時期からの治療介入が重要です。

Q 親として気をつけなければならないことはありますか?

焦らず、怒らず、落ち着いて寄り添ってあげましょう。当院ではお子さまのみならず、ご家族のお悩みにも寄り添い診療を行います。

Q アラーム療法中にアラームが鳴ったらトイレに行かせるべきですか?

トイレに行かせる必要はありません。文献で、アラームが鳴った後にトイレに行かせたグループと、アラームを止めるところまでやったグループでは治療成績に差がなかったからです。

Q アラーム療法中のアラームは親が止めても大丈夫でしょうか?

アラームが鳴った際に、子供本人が起きてアラームを止めることが重要です。本人が「漏れた」と認識する必要があるからです。従って音がうるさくても親がアラームを止めずに、お子様がまだ起きていないようであれば、アラームを止めるようにお子様を起こして促しましょう。ただトイレに連れていくことはしないで大丈夫です。

Q おねしょ(夜尿)をする前に親が起こしてトイレに連れていくのはどうでしょうか?

おねしょをする前に対策をしているのであって、これでは夜尿の治療になりません。おねしょ(夜尿)が漏れた瞬間に気づかせるのがアラーム療法のポイントです。

Q アラーム療法でアラームが鳴っても子供が起きないのですが、どうしたらいいでしょうか?

大変ですがご両親が起こしてアラームが鳴っていることに気づかせてあげましょう。この際にトイレまで連れて行かなくても大丈夫です。

Q アラーム療法はいつまでやればいいのでしょうか?

夜尿症のアラーム療法より夜尿の改善があった場合に、最低14日間連続で夜尿がでない時まで続ける必要があります。その期間は大体3〜4ヶ月と言われています。

 

 

世田谷区、目黒区や東急田園都市線沿いの方で夜尿症にお困りの子供がいらっしゃいましたら、ぜひ一度NES駒沢クリニック小児科までご相談ください。

 

記事執筆者
代表理事写真

一般社団法人SMAPPY 代表理事

吉武 光太郎よしたけ こうたろう

運営クリニック

  • NES駒沢クリニック
  • こたろクリニック

資格・所属学会

  • 形成外科医
  • 日本形成外科学会
  • 日本美容外科学会
  • 日本褥瘡学会
詳しい紹介はこちら
詳しい紹介はこちら